MTアクアポリマー株式会社
会社概要 製品紹介 事例紹介 技術資料 お問い合わせ
ENGLISH
TOP > 事例紹介 > 畜産等の排水処理
技術資料
鉱  山 化学プラント工場等 製紙工場等 食品加工工場等
畜産等 土木工事・浚渫工事等 下水処理場等 事例紹介トップへ
ご使用事例5 畜産等の排水処理
背景
「家畜排せつ物の管理の適正化及び利用の促進に関する法律」(平成16年11月)の施行以降、家畜ふん尿処理のための施設整備が進んでいます。地域毎に畜産環境対策に取り組みを進めている場合も多く、豚舎排水だけではなく、牛舎排水への取り組みも進んでいます。

排水処理の事例

(豚舎排水)
畜産系廃水は有機物が多く、これまでは分離した汚泥を脱水した後に堆肥化されていました、しかし、臭気や堆肥の余剰問題から産業廃棄物として処理している場合も多くありました。
現在、処理設備によって豚舎から排出される家畜ふん尿のうち、ふんについては、戻し堆肥で調整して堆肥化し、一方、尿などの廃水は活性汚泥処理してから上澄水を放流しています。
尿や場内水の廃水は、曝気、沈殿、脱水機で絞って固液分離し、脱水固形分は堆肥舎で堆肥化します。
(牛舎排水)
従来、牛舎排水は未処理のまま河川へのたれ流しや地下浸透処理が現状でした。しかし、排水量の多い牛舎排水ではタンパク質や脂肪分が多く、地下浸透処理の限界を超えているなど課題があったことから、河川への汚染が心配される場合もありました。最近では牛舎排水を浄化槽へ流入させ、ばっ気槽でエアレーションを行うなどの排水処理も検討されています。

廃水処理の方法

廃水処理の方法
(薬品の使用事例)
一般的に豚の成長促進などを目的として飼料に亜鉛および銅が添加されているため、排水中にそれらが排泄される課題があります。今後は凝集や膜処理などで浮遊物質濃度をさらに低減して、全亜鉛および全銅濃度の低減化を図る必要があり、より効率の高い凝集剤が求められています。
<無機凝集剤と高分子凝集剤>
推奨製品:ノニオン・アニオン系製品「アコフロック」シリーズ
カチオン系製品「アロンフロック」シリーズ
および「液状カチオン製品」「アコフロック」シリーズ